日本茶サロンー美容・健康に効果抜群!日本茶のヒミツー

美容・ストレス・健康に効く万能薬!!〜日本茶の効果・成分・おいしいお茶の淹れ方を紹介します〜

\フォローお願いします/

一番茶と二番茶の違い

f:id:clover-shun:20171017222003j:plain

「一番茶」や「二番茶」、お茶を購入する際などに聞いたことがあるかもしれません。

この違いはなんだか知っていますか?「味が1番お茶、2番目のお茶」この回答では部分点でしょうかね。

今回はこの「◯◯番茶」について解説していきます。

 

一番茶とは・・・

その年の春に初めて生産されたお茶のことです。よく「新茶」と呼ばれるものはこの一番茶を指すことが多いです。渋味が少なく、旨みが強いため、良品質のお茶とされています。日本ではこの一番茶が総生産量の約50%を占めています。

 

二番茶・三番茶とは・・・

その年の二回目、三回目に摘み取ったお茶のことです。二番茶は一番茶を収穫してから約50日後、三番茶は二番茶を収穫してから30〜40日後に収穫します。収穫の時期の順に品質は下がっていきます。

 

秋番茶とは・・・

秋になると茶園では、来年の茶摘み準備が始まります。枝葉を刈りそろえる「整枝」がおこなわれます。この時に切られた葉で作ったお茶を、秋番茶と呼びます。中には春に整枝を行う地域もあり(山間部など)、そこでは春番茶とも呼ばれています。

八十八夜とは・・・

立春(2月4日)から数えて88日目のことをいいます。現在の暦では5月2日です。この時期に摘んだお茶は、味と香りのバランスがよく、品質のよいお茶とされています。栄養価が高く、不老長寿の縁起物としても飲まれています。