日本茶サロンー美容・健康に効果抜群!日本茶のヒミツー

美容・ストレス・健康に効く万能薬!!〜日本茶の効果・成分・おいしいお茶の淹れ方を紹介します〜

\フォローお願いします/

殺青で分かれる茶の種類

日本茶を作る時に、まず最初に「殺青(さっせい)」を行います。これは生葉を加熱して、お茶の成分がそれ以上変化しないように酸化酵素やその他の酵素の働きを止めます。失活ともいいます。生葉を加熱する方法には「蒸す、炒める、煮る、焼く」などがあり、それぞれの殺青方法で作られたお茶は、蒸し製緑茶、釜炒り緑茶、煮製番茶、焼き茶と呼ばれます。以下でそれぞれの特徴を紹介します。

 

1 蒸す

日本緑茶のほとんどは蒸し製で作られ、蒸熱とも呼ばれます。生葉は鮮やかな緑色が製品が生かされ、生葉の青臭さがほどよく残るのが特徴です。

 

2 炒める

中国では、緑茶の殺青法は釜炒りが主流です。日本では九州地方を中心に釜炒り製玉緑茶が作られています。釜香と言われる独特の香りがあります。

 

3 煮る

煮たり、茹でたりして作るお茶は番茶に多く、岡山県の美作番茶などがあります。美作番茶は、夏の暑い時期の生長した葉を沸騰した湯に入れ、時間をかけて煮てから乾燥させるものです。また生葉を籠に入れてまま湯の中に漬け、かき混ぜる「湯びき」という方法もあります。湯びきには、静岡県の駿河青茶があります。

 

4 焼く

焼き茶は、最も古い簡便なお茶の作り方です。チャの葉を枝ごと刈り取って焚き火であぶり、葉を湯で煮出して飲むもので、製品化されているものではありません。林業者が、山仕事の合間に行ってきたものです。