日本茶サロンー美容・健康に効果抜群!日本茶のヒミツー

美容・ストレス・健康に効く万能薬!!〜日本茶の効果・成分・おいしいお茶の淹れ方を紹介します〜

お茶の作られ方ー機械製造編ー

こんにちわ。

今回は前回に続き、お茶の作られ方を紹介します。今回は機械による製造方法です。

現在の主流は機械による製造となっています。日常目にするお茶がどのように作られているのか手揉みの工程と照らし合わせながら見ていきましょう。

 

1、蒸熱:蒸し

蒸熱工程は、葉の酸化酵素を失活させ、生葉に含まれる青臭さや悪臭を除去し、葉を柔らかくして、以降の揉み作業を容易にするための工程です。

蒸す時間は生葉の熟度によって異なりますが、標準的な煎茶の場合は、30〜40秒です。

 

2、粗揉:葉振るい

茶葉を柔らかくし、中の水分を減らすため、乾燥した熱風を送り込みながら打圧を加え、適度に摩擦・圧迫しながら揉んでいき、水分を均一に飛ばす工程です。

 

3、揉捻:回転揉み

唯一、熱を加えずに揉む過程で、茎などは葉に比べて乾燥しにくいので、水分を揉みだすように葉全体の水分を均一にする工程です。揉捻機は、「ひる」と呼ばれる金属の丸棒を放射状に取り付けた円盤の上で葉が上から圧迫されて揉みもこまれます。

 

4、中揉:揉み切り

粗揉を同じく葉を揉みながら乾かし、葉を撚って細くする大切な工程です。回転式の中揉機の内部に回転軸があり、内と外の両方を回転させながら熱風をあてます。葉を握って離すと自然に固まりがほどける程度まで乾燥したら取り出します。

 

5、精揉:転繰揉み・こくり

さらに乾燥させながら揉み、針状に形を整える工程です。「だく」という洗濯板のような凹凸のある弧状の板の上で揉みます。そうすることで、葉が細長く撚れて針状になります。

 

6、乾燥

最後に、葉を乾燥機内に広げて熱風をあて、乾燥させます。荒茶の段階では、水分含有量は5%くらいにとどめます。

 

ーコラム 生葉水分と製茶歩留りー

チャの生葉には80%くらいの水分が含まれており、茶期やその摘採時期によってことなります、また、みる芽や被覆したものはやや水分が多く、逆に硬化した古い葉には少なくなります。

例えば、荒茶の量を生葉の量で割ったものを「製茶歩留り」と言い、歩留り20%と表します。この製茶歩留りは一般に、一番茶までは20%くらい、秋冬番茶では26%くらいです。