日本茶サロンー美容・健康に効果抜群!日本茶のヒミツー

美容・ストレス・健康に効く万能薬!!〜日本茶の効果・成分・おいしいお茶の淹れ方を紹介します〜

お茶の作られ方ー手揉み編ー

こんにちわ。

今回は生葉がお茶になるまでにどのような工程が行われているか紹介します。

手元に届くお茶になるまで様々な工程を経ています。

 

1、蒸発(蒸し)・・・生葉を失活させる

蒸籠に生葉を入れ、こしき(生葉を蒸す水蒸気発生装置)の上に置いて蒸す。蒸気から青臭い匂いがしなくなれば、葉を取り出して冷やします。焙炉(ほいろ:葉を加熱するための大型の箱状の器具)の上の助炭(じょたん:焙炉の上に乗せる木製の枠)に移す。

 

2、葉振るい(露切り)・・・葉の水分を均一に蒸発させる

水分を飛ばすために、葉を両手で持ち上げて助炭の上に古い落とす。重量が3割ほど減るまで繰り返す。所要時間30分〜50分。

 

3、回転揉み・・・葉の組織を粉砕しつつ水分を揉み出し、全体の水分を均一にしながら蒸散を促す。

両手で茶を左右に大きく動かす。茶をひとまとめにし、体重をかけて前後左右にゆっくり回転させる。所要時間40〜50分。

 

4、玉解き・中上げ・・・回転揉みでできた茶の塊を解きほぐす

茶の塊をほぐす。茶の助炭から取り出し、籠に広げて冷ます。助炭はきれいに掃除する。

 

5、揉み切り(中揉み)・・・茶の撚れ形をつけつつ乾かす

再び助炭に茶を乗せ、両手で茶を挟んで撚りがつくようにすり合わせ、乾かす。重量が約62%に減るまで続ける。所要時間30分。

 

6、転繰揉み・・・茶の形状を針状に伸ばす

助炭中央に集めた茶の山を両手で挟むようにし、こすり合わせて旋転させる。左右の手を替えて繰り返し、茶の針状に伸ばす。所要時間30分。

 

7、こくり・・・茶の形を整え、光沢を出す

半分ずつ分けた茶の向きをそろえて、両手で強く握りしめ、左右の手を交互に屈伸して回転を与えながら強く揉む。こうすることで、形が整い光沢が出る。所要時間30分。

 

8、乾燥

70℃くらいの助炭の上に、茶を薄く広げて乾かす。