日本茶サロンー美容・健康に効果抜群!日本茶のヒミツー

美容・ストレス・健康に効く万能薬!!〜日本茶の効果・成分・おいしいお茶の淹れ方を紹介します〜

\フォローお願いします/

ほっと心が落ち着く、そんなおいしい日本茶を飲みたくありませんか?ー日本茶のおいしい淹れ方ー

こんにちわ。

せっかく飲むならおいしいお茶を飲みたい。今日はそんな悩みにお答えします。

おいしく入れるには茶葉の種類、お湯の温度、浸出時間などいくつかのポイントがあります。今日はそのポイント5つを紹介します。記事を読み終えた5分後にはおいしく日本茶が入れられるようになります。

 

※お茶の種類のよって淹れ方は異なります。今日は一番馴染みのある「煎茶」の淹れ方について説明します。

 

ポイント1「湯は必ず沸騰させてから使用しろ!」

お茶を入れる時、水道水を使用することが多いと思います。水道水を利用しても十分においしいお茶を飲むことができます。しかし、水道水は塩素消毒されており、そのまま使用するとカルキ臭等が気になります。そこでポイント1。必ず沸騰させてから使用する。水道水は沸騰させることで残留塩素が減少し、カルキ臭を抜くことができます。必ず1度沸騰させてから、湯を目的の温度まで冷ましてから使用してください。

 

ポイント2「量に気をつけろ!」

茶葉の量、湯の量を適当にしなくてはおいしいお茶は入れられません。湯の量を正確に測るためには、沸騰したお湯をヤカンから湯呑みに移し量を確認します。茶葉の量は煎茶であれば一人分がおよそ2〜3g(ティースプーン軽めの山盛り)が目安です。

 

 

ポイント3「温度に気をつけろ!」

温度によってお茶から出る成分は大きく変化します。80℃以上の高温で淹れると、カテキンやカフェインが多く浸出され、苦味・渋味の強いお茶になります。60℃以下の温度で淹れるとカテキンはあまり溶け出さずアミノ酸が多く浸出され、旨み・甘みを感じるお茶になります。

煎茶の場合は適度な旨みと適度な渋味を味わえるお茶なので、70℃を目安にしてください。

 

ここでテクニック!適温のお湯の作り方

お湯は容器へ移すごとに5〜10℃下がると言われています。これを利用してヤカン→湯冷まし→湯呑み→急須へ移し温度を調整できます。

 

ポイント4「時間に気をつけろ!」

煎茶の浸出時間は1〜2分が目安です。浸出時間が長いと成分がたくさん溶け出し、濃いお茶に、逆に浸出時間が短いと成分があまり溶けださず、薄いお茶になります。

 

ポイント5「廻し注ぎ!」

茶碗に注ぎ分ける時は、それぞれの茶碗の濃さと量が同じになるように注ぎ分けることが大切です。そのために各茶碗に少しづつ、数回に分けて注ぎます。これを「廻し注ぎ」と言います。例えば茶碗3客の場合、1、2、3と注いだら3、2、1、と戻り、これを繰り返し注ぎ切ります。

ここでテクニック!最後の1滴

急須のお茶は最後の一滴まで注ぎ切りましょう。この最後の一滴を「ゴールデンドロップ」といい、ここには旨み成分がたっぷりと詰まっています。また、急須にお湯がのこっていると二煎目を淹れるまでに茶葉が開いてしまし、成分が溶け出してしまいます。

 

最後に・・・

今日は煎茶をおいしく楽しむ淹れ方を紹介しました。しかし、これはあくまでも1例です。お茶のおいしいはひとそれぞれ違います。茶葉・お湯の量、お湯の温度、浸出時間、これらを変えることで同じ茶葉でもまったく異なった味を味わうことができます。これが日本茶の楽しみでもあります。是非自分好みの淹れ方を見つけてみてください。